2018マイルチャンピオンシップ結論!時計のかかる京都の馬場を考慮した結果は・・・

お疲れ様です。

土曜の予想は東京10Rユートピアステークスは三連複的中!メインの東京スポーツ杯2歳ステークスは穴候補の2頭で決着、3着はノーマークのヴァンドギャルド。◎ヴェロックスは直線で寄られる不利が痛かった・・・どっちにしても買い目的に△△◎では的中していませんでしたので・・・

このあたりの反省を踏まえてマイルチャンピオンシップに挑みます!今シーズン、東京のイメージは悪くないけど京都はまったく当たる気がしないという・・・

実際回収率も京都は飛びぬけて低いので苦手意識がありますが・・・そうは言ってられず、ここで一発狙います!

ですが過度な穴狙いは得策ではなさそうなので、ある程度絞って勝負します!

 

それでは結論を。

 

2018マイルチャンピオンシップ

◎モズアスコット
〇ペルシアンナイト
▲ロジクライ
★エアスピネル
△ステルヴィオ
△アルアイン
△ケイアイノーテック

この布陣で行きます。

では一頭ずつ解説を。

モズアスコット

春のマイル王。フランケル産駒でなかなか傾向はわかりませんが、マイル路線において中心的な存在なのは間違いなし。マイラーズカップでは先行策もとっていることから後方一気だけではない自在性も魅力。叩き良化型は明らかで、1F延長も追走が楽になり現状はベストな距離。今の時計のかかる京都の馬場はこの馬には合っているはず。春は素質の高さで高速決着に対応したものの、本来はパワー型。引き続き好調のルメール騎手とのコンビで春秋連覇なるか。

ペルシアンナイト

こちらも時計勝負よりもパワー型。土曜メインのアンドロメダステークスをハービンジャー産駒のドレッドノータスが勝ったように血統的な魅力も十分。枠順が1枠2番ということでイチかバチか感がありますが、皐月賞ではインコースを突いてきた馬で、器用さも十分。馬場状態を考えると直線は真ん中~外を回してくるはずで、昨年のような豪快な差し脚に期待。ただ鞍上ミルコ兄さんが腰痛だとか離婚(?)とかでメンタル的に心配との声もあり。。。少々心配材料がある分、2番手としています。

ロジクライ

前走富士ステークスをレコードで完勝。鞍上はルメールから弟デムーロに替わりますが、名手ですし心配はいらないでしょう。まさに今がピークといった出来で、なんとしてもタイトルが欲しいところでしょう。先週リスグラシューがハーツクライ産駒初の京都GI制覇を達成した勢いを借りて先行押し切りに期待です。シンザン記念を勝っている相性のいいコースで躍動を。

エアスピネル

熱発明けとか調教イマイチとありますが、マイル路線の安定株でありそろそろタイトルが欲しいところ。同世代のマカヒキ、サトノダイヤモンドが全盛期の勢いが戻らない中、この馬に意地を見せてほしいところ。キングカメハメハ産駒ですし、時計勝負や瞬発力勝負になるとちょっと足りない馬なので今の京都の馬場はうってつけ。7番人気想定と、昨年では考えられない評価ですので狙っていきます。前走を見る限り、まだまだ衰えはありません。得意コースで激走に期待。

ステルヴィオ

最内枠がどう出るか・・・器用さは望めないので、中団から後方で直線どこに持ち出すかが勝負のカギ。この馬はなるべく時計の速い馬場が合いそうですが、コース適性は中山や東京、阪神など直線坂があってパワーを問われるようなコースがベスト。初の京都コースで3~4コーナーの下りを上手く活用できれば当然馬券内ですが、モタつくようだと・・・差し損ねて掲示板止まりの恐れがあり、重用はしませんでした。

アルアイン

シンザン記念6着以来のマイル戦。当時は直線で不利を受け勝負にならずでした。この馬の適性は1800m~2000mがベストで、前後200mがギリギリ守備範囲と見ていて非常にストライクゾーンの狭い馬と見ています。天皇賞秋4着は実力の証明ですが、今年に入ってからもやはりパンチ力不足も否めません。マイルへの距離短縮がどう転ぶかが判断のポイント。個人的には他にマイルのスペシャリストがおり、相対的にあまり向いているとは思いませんが、ディープ産駒らしからぬパワー型に加え好調の川田騎手、内枠と条件が揃っているので押さえておきます。

ケイアイノーテック

こちらは前走毎日王冠で初めてマイル以外の距離を経験。結果大外からジリジリ伸びるも5着まで。同世代のステルヴィオとは決め手の差を見せられましたが、こちらも母父スマーティジョーンズということでディープらしさは控えめ。NHKマイルカップを1.32.8で制しているものの、時計勝負極力避けたいクチ。今の京都の馬場を考慮すると、外枠もあまり不利にはならないでしょう。

ということで人気どころではアエロリットを消し。近走の安定感とすんなり行けた時の粘りは脅威的ではありますが、京都コースに適性があるとは思えず今回は消しの評価とします。外枠から前に取りつくとそれなりに脚も使わされるはず。鞍上ムーア騎手も含め当然怖さはありますがタイトル通り今の京都の馬場を考えると評価しづらい一頭です。

またディープ産駒のレッドアヴァンセ、ジュールポレール、カツジ、ミッキーグローリーは今回は消し。今の京都の馬場は軽いディープ産駒には苦戦必至。強いてあげるならミッキーグローリーですが・・・ここは点数絞ります。カツジとミッキーグローリーがまさかの兄弟対決だったとは。。。どちらも軽視しておきます。

買い目は◎モズアスコットから三連複1頭軸流し15点。

あとは馬連◎モズアスコットから印の馬へ6頭。

 

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です