2018有馬記念結論!阪神カップとの関連性で行くと今年はこの馬!

お疲れです。

いよいよ有馬記念ですね!

今年は、いや今年も競馬収支的には微妙な一年ではありましたが…

終わり良ければ全て良しとなるか?

それでは結論を。

2018有馬記念

◎パフォーマプロミス
◯レイデオロ
▲モズカッチャン
★キセキ
△クリンチャー
△マカヒキ
△ミッキースワロー
△シュヴァルグラン
△サクラアンプルール
△ミッキーロケット

ということで、阪神カップで馬券に絡んだ外国人騎手は有馬記念で馬券に絡む説で行きます!

昨年はキタサンブラックを負かすなら牝馬か外国人騎手と書きながら両方該当のクイーンズリングを買っていないという苦い思い出が…

有馬記念振り返り。 強かったキタサン&阪神カップで馬券に絡んだ外国人騎手を買えば当たるのか。

2017.12.26

5年連続の傾向なので、6年連続に期待。

5度あることは6度あるはず…

まあそれを抜きにしてもパフォーマプロミスは買える要素が多いです。内めの枠、中山得意のステイゴールド産駒、外国人騎手、秋2戦目のフレッシュローテ。宝塚記念惨敗も距離不足、夏負け、斤量と考えれば有馬記念では全て好転。

レイデオロは枠順がやや外の分2番手ですが、安定感は見せてくれるはず。今日は阪神で不発が多かったルメール騎手も有馬では燃えるでしょう!

モズカッチャンは距離延長のハービンジャー、ミルコ兄さん、内枠、叩き2戦目とこちらも買い要素大。

キセキもジャパンカップの反動、秋4戦目のローテなど状態面が気になりますが展開、実力では当然上位。天皇賞秋の前は平坦巧者説を唱えて評価下げていたので、本音はあまり重用はしたくないですが…コース適性も高いとは思えず。外枠からの位置取りと勝負所の仕掛けは鞍上の腕の見せ所か。

以下穴候補がたくさんいますが基本は中山適性の高そうな馬をチョイス。

クリンチャーは海外遠征帰りで万全ではないにしろレイデオロとの対戦成績では無視できない存在。ロングスパート必須なのであまり内でごちゃつくとセントライト記念のようにノーチャンスに終わりそうな感じもあるので福永騎手には積極的な仕掛けに期待。

マカヒキはなかなか復活に至りませんが、小回りでそろそろ馬券圏内も。ダービー馬ですが年齢とともに母系のフレンチデピュティが出てきてます。札幌記念の脚を見てもやっぱり洋芝小回りがベストか。岩田騎手のイン強襲がそろそろ怖い。距離が若干長いのは承知の上ですが、この人気ならサトノダイヤモンドよりは魅力大。

ミッキー2騎はやはり不気味な存在。ミッキースワローは前走ジャパンカップ上がり最速で5着。ひと叩きして中山なら一発も。ミッキーロケットは仕上りに賛否両論ですが鞍上に注意。やっぱり有馬記念は外国人騎手は無条件に押さえる方が無難。

シュヴァルグランは外枠が嫌われたかまさかの人気薄。直前はさすがにもっと人気上げるでしょうが…ただこちらも鞍上ボウマンだからの押さえ評価であり重用はしません。

最大の穴は中山巧者サクラアンプルール。天皇賞秋からここ1本のローテは好感、調子も抜群となれば大外枠でも期待はあります。むしろ中途半端な枠より腹を括って乗れそうですね。鞍上田辺騎手も中山巧者で期待。

買い目は今年は三連複でパフォーマプロミスから。二列目をやや絞って◎–◯▲★–印の馬へ18点!

当たりますように!


ブログランキング参加中です。
下のバナーをクリックで応援お願いします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara