日本ダービー 有力馬にひと言。part2

さて、昨日は皐月賞馬アルアイン、青葉賞馬アドミラブル、皐月賞5着レイデオロについて、ひと言申し上げました。

今日は皐月賞から巻き返しを図る馬たちにひと言申し上げようかと。

 

日本ダービー

 

カデナ

QWVSQM2M
↑↑ netkeiba.comより抜粋。

皐月賞9着からの巻き返しを図りたいところ。人気急落ですが、ばっさり切るにはまだ早いし、かと言ってアタマまであるかというとそうでもなさそうな・・・
ちょっと評価の難しいところです。

皐月賞では「いかにもスロー向き」ということで評価下げました。少頭数、スローペースの弥生賞とはレースの質が違いますからね。
さてダービーでも展開が向くかどうかが大きなポイントになりそうです。
東京競馬場は木~金曜日に雨予報。先週のようなパンパンの高速馬場になるかどうかも注目しておきたいところです。外差しが決まるような馬場状態になっていれば巻き返しもあると思います。
少し時計が掛かるほうがこの馬には向くかもしれません。
ダービーは特にこの10年間は内枠圧倒的有利な状況が続いているので枠順を見てから最終評価を下します。

 

スワーヴリチャード

84NEL64R
↑↑ netkeiba.comより抜粋。

同じく皐月賞6着からの巻き返しなるかといったところ。
もともと中山、しかも内枠は展開不向きという見立てでしたので、今回は再度見直しが必要かなと思っています。
ただ、大外回って差し切れるほどのポテンシャルがあるかどうかは正直微妙なところ。共同通信杯もインぴったりでの完勝、相手も手薄とあまり手離しで褒めるほどではないような気がしています。
内枠に入ってある程度先行できそうな展開になれば注意は必要でしょう。

 

ペルシアンナイト

8TK7J8VM
↑↑ netkeiba.comより抜粋。

皐月賞は同厩舎のアルアインに足元をすくわれ2着敗退。
血統的にはゴールドアリュールの近親でもあり小回りも利くと思っていましたが、予想以上にインコースを上手く立ち回りました。安全運転で大外回して楽勝したアーリントンカップとは別馬のようなレースでした。
そこはデムーロの手腕がさすがでしたね!
しかし今回はアドミラブルに乗るため戸崎騎手へ乗り替わり。 GIでの成績を見ると正直不安しかないです。

府中ではソウルスターリングに完敗していますが、適正はあると思います。内枠引いてディアドラみたいにインコース決め打ちできたら馬券圏内は十分ありそうです。鞍上次第ですね。

 

ダンビュライト

ML6KCPNI
↑↑ netkeiba.comより抜粋。

皐月賞3着に激走。掴みどころがなく今回も注意は必要でしょうが、どうしましょうかね・・・
朝日杯で裏切られて以降、3着続き。
ルーラーシップ産駒なので東京替わり、距離延長はプラスに出そうです。先週のカーネーションカップで穴を開けたプリンセスルーラーも同じくルーラーシップ産駒。活躍馬多数の勢いある母系と、ルーラーシップ産駒の流れでまたまたヒモ穴演出か!?鞍上武豊も怖いところ。

まだまだ別路線組で要チェックな馬たちがいますからね。
明日は別路線組を探りましょう。

いやぁ本当に楽しみなダービーになりそうです!

↓↓ KLANブログランキン参加中!(43位あたりです。)応援お願いします!
KLAN競馬ブログランキング

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara