クラシック近し! 弥生賞 チューリップ賞

さて今週は弥生賞、チューリップ賞が行われます。

弥生賞、チューリップ賞を迎えるといよいよクラシック本番と
いう感じになってきますな。

今年は牡馬のレベルがイマイチというのは世間一般、共通の
イメージのようで。

【弥生賞】

たしかに一番人気予想がカデナ。
京都2歳Sを勝ってここに臨むわけだが、負かした相手が近走
不振な馬が多く、レースのレベルがどうだったか。
その前走百日草特別でクイーンカップ勝ちのアドマイヤミヤビに
肉薄したところを評価するが中山競馬場の適正がどうか。
あとフルゲートにはならなさそうだが頭数が増えて外を回して
届くかどうかなど不安もある。母系がアメリカンな血統なので
案外小回りの中山得意の可能性もあるが・・・果たして。

もう1頭の重賞ウイナー、コマノインパルス。
こちらはすでに中山2000mを経験済み。葉牡丹賞で負けた相手が
レイデオロ。順調に行けば共同通信杯勝ち馬のスワーヴリチャードと
双璧をなすクラシック最有力馬なだけに仕方なし。
京成杯では多頭数で捲る競馬で完勝しており、ここも主役級。
血統が渋いのであまり人気しなそうなのがポイント。
父はたまに大物を出すバゴ。母父フジキセキ、さらに遡ると
リアルシャダイ。母系にエリザベス女王杯の勝ち馬リンデンリリーが
います。オールドファンは応援したくなる馬ですな。

以下ダイワキャグニーあたりも人気しそうですが、
このあたりはまた週半ば予想にて検証していきます。

【チューリップ賞】

一方チューリップ賞はさながらプレ桜花賞の様相。
阪神ジュベナイルフィリーズ1着2着のソウルスターリング、リスグラシューが
登場。
完成度の高さがずば抜けているソウルスターリングにリスグラシューが
どこまで迫るか。
あくまで本番は先なので目いっぱいの競馬はしないだろうが、ここで
ある程度桜花賞での走りが予測できそう。
ソウルスターリングは見た目が同じ藤沢調教師のダンスインザムードに
そっくりで、桜花賞まで無敗のまま突っ走るか。
フランケル初年度産駒なので、まだ傾向がわからないが、この先気性的な
問題が表面化しなければいいなーと思う。

対してリスグラシューはハーツクライ産駒らしく今後さらに切れ味を
磨くようだともう一段上の舞台まで見えてくる。
スタート難、馬体の成長など課題はあるが楽しみな馬である。

シンハライトの妹、ダイワメジャー産駒のミリッサもここは再度
見直しが必要。 前走は完全にスローにはまり、身動き取れず。
今度はソウルスターリング、リスグラシューと強力な2頭がいる分
気楽な立場。
とはいえ桜花賞へ向けて3着以内は必須なので、積極的に
勝ちに行くよりは着を確実に拾ってきそうな感じはある。

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara