16年 阪神ジュベナイルフィリーズ ワイド1点勝負的中

とにかく当てる!

これを肝に銘じ、出馬表を眺める。

人気はソウルスターリング、リスグラシューあたり。

デイリー杯勝ち馬ジューヌエコール、京王杯2歳S2着のレールミノルなど。

個人的な感覚としては阪神ジュベナイルフィリーズ、2006年の阪神コース改修以後は
将来性のありそうな馬が上位に来ているイメージ。
16年はソウルスターリングに大物の相を感じていたので本命に抜擢。

相手は小倉2歳S圧勝→京王杯2着のレールミノル。
小倉2歳圧勝のインパクトがアストンマーチャンを思い出させる。
距離も東京1400をこなしたならば、2歳牝馬どうしのここならスピードと
パワーで好走必至と考え2番手評価。

あとはリスグラシューは脚質的に不発の恐れあり、ジューヌエコールはクロフネ産駒と
いうことで将来大物に育つかは疑問符。

ならばワイド1点勝負!

ということで的中。

IMG_1990

複勝勝負のスタートを幸先よく切れたのでした。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です