混迷極める短距離戦線。オーシャンステークスは果たして?

とにかく核になる馬がいない短距離戦線。

昨秋のスプリンターズステークス勝ち馬レッドファルクスも高松宮記念直行の様子。

シルクロードステークス、先週の阪急杯ともに上位人気が大敗するなど、とにかく
重賞戦線で好走を続ける馬が出てこない。

今週のオーシャンステークスの出走予定メンバーを見ても、新しい風を吹き込む
活力のありそうな馬が見当たらず・・・
老兵スノードラゴンが実績最上位、あとは重賞勝ち馬不在か。

上記シルクロードステークス、阪急杯のように主役不在の大混戦模様。
こういうレースは馬券的には荒れると見て、穴馬の単勝、複勝で勝負しようかと。

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ。競馬と食べ歩きを中心にサラリーマンライフを綴っています。転勤族なのでその土地の美味しいお店を発見するのも楽しみのひとつ。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara