チューリップ賞 オーシャンステークス予想

チューリップ賞


≪2強で決着か≫

◎ ソウルスターリング

阪神ジュベナイルフィリーズの内容が優秀なのはもちろん、
その前走アイビーステークスでペルシアンナイトを完封したのも
秀逸。
最近イマイチ乗れていないルメールがここで復権するか。
ここはトライアルとはいえ、無敗のまま桜花賞へ向かってほしい。

〇 リスグラシュー

阪神ジュベナイルフィリーズは出遅れが響き、直線大外から追い込むも
2着。馬体の成長と気性面が課題と言えるが、能力は一級品。
ただフローレスマジックを物差しにして考えると、本番でもアドマイヤミヤビ、
ソウルスターリングには及ばないかも。
このレースはでは2番手評価。

△ ミリッサ

前走は前半掛かるのを抑え込んで意図したより後方になった形。
スローペースから直線はほぼ絶望的な位置から3着を確保。
シンハライトの妹ながらダイワメジャー産駒なので姉ほどは切れないのでは。
阪神に代わるのもプラスに出る可能性あり。
こちらも馬体の成長が欲しいところ。

 

オーシャンステークス


≪波乱含み≫

◎ ブラヴィッシモ

阪急杯からの連闘。その阪急杯は直線窮屈になり、いったん下がって最後また
盛り返している。成績からは1400mベストかもしれないが、初の中山コースで
パワー炸裂かも。父ファストネットロック(その父デインヒル)、母父サドラーズウェルズの
底力に期待。
同父のメラグラーナが強敵か。

〇 メラグラーナ

中山1200mで実績あるし、勢いならこの馬かと。

▲ コスモドーム

ここ最近岡田軍団&柴田大知騎手コンビに裏切られているので松岡騎手に
スイッチで買いやすくなった。アドマイヤマックスの血で一発狙い!

△ スノードラゴン

老兵健在!中山1200mならまだまだやれる。相手関係は楽になるが脚質的に
ハマるかどうか。敬意を払いつつ抑えまで。

チューリップ賞はオッズ次第でソウルの単勝勝負の予定。
もしくはリスグラシューとのワイド1点勝負。

オーシャンステークスはとりあえず本命ブラヴィッシモの複勝もしくは
単勝で勝負します。

 

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です