金鯱賞 ヤマカツエースが地力の違いを見せ完勝!

金鯱賞

1着 〇ヤマカツエース
2着    ロードヴァンドール
3着 ▲スズカデヴィアス

池添謙一騎手騎乗の1番人気ヤマカツエースが連覇達成
netkeiba.comより

いやはや、やはり有馬記念4着馬ということで1頭だけ力が抜けていた。
金鯱賞変則2連覇という偉業も成し遂げたヤマカツエース。
大阪杯や宝塚記念でも主役級に躍り出た。

2着ロードヴァンドールは今週も昆貢厩舎。スローの逃げも予想していたが
印が回らず・・・

3着スズカデヴィアスには穴評価で▲を打っていたので予想的には満足。
前走で破ったサクラアンプルールが中山記念で2着に食い込んだこと、脚質転換で
末脚に磨きがかかったため推していた。

さて人気サイドの馬たち、個人的な分析を。

プロディガルサン

3000m→1600mと使われ、超スローの前走を脅威の末脚で2着。
適距離がどこなのか判断しかねる状況だが、400m延長がプラスに働くとは思えず評価を落としていた。
兄リアルスティール同様、連続して好走しないタイプにも思えた。
ハマったときは破壊力がありそうだがあくまで条件付き、というイメージもあり。
今回は前半1000mが1.00.4の平均ペースで流れたわりに思いのほか前の位置。
しかもかかり気味ということで直線では前走見せた切れ味を発揮できず。
今後も距離に拘わらず、瞬発力勝負のレースでは一考。

 

ルージュバック

この馬も好走の条件がかなり限定的なため、今回も見送った。

行為追走から直線はインを突きロードヴァンドールを上手く捌けず伸びきれなかった。
府中1800mや、揉まれない枠ならまだまだ見限れないが、
2~3歳時の強烈なインパクトがあり、常に人気先行のタイプでもあるので
レースごとに取捨選択が必要か。

ヌーヴォレコルト

叩き2走目、距離延長、左回り、54kgと好条件が揃い、中山記念に引き続き本命を打ったが、
行き脚一息で想定外の位置取りに。
年齢とともにズブさが出ているとの陣営サイドのコメントもあるようにしばらくは苦戦しそう。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

84年生まれ、競馬歴22年のサラリーマン。サイレンススズカのデビュー戦に衝撃を受けすっかり虜に。最期の天皇賞の単勝馬券は大事に取ってます。馬券の買い方は三連系が中心。複勝圏に来そうな馬に◎を打つスタイル。年間プラス収支を目指し、今日もアレコレと馬のことを考えてます。 ≪twitter≫@toms_urara toms_urara